更新履歴
青いカプセル

彼氏のことは大好きだけど、セックスが何となく苦手、彼氏の要望に応えるのが何となく億劫、そんな女性は女性用バイアグラを試してみてはいかがでしょうか。

女性がセックスを楽しめない原因は、気持ちよさを感じられないことや痛みや恥ずかしさがあるなど身体と気持ち双方に問題があることもあります。
でも何かに頼ってまでしたくない、どんなものか分からないので不安という人はまず、女性用バイアグラとはどんなものなのか知って、男性から愛される可愛い彼女になりましょう。

女性用バイアグラってなに?

男性用というイメージが強いバイアグラですが、その女性用とはどんなものなのでしょうか。
女性がセックスで抱える問題の一番大きなものが濡れにくいということです。
心ではしたい気持ちがあるものの、膣が程よく濡れていないと挿入時や動いた際に痛みを感じて気が散ってしまい、行為に集中できないということがあります。

これを解消できるのが女性用バイアグラです。
今日は恋人や夫と楽しみたいというときに服用するだけでセックスに対して前向きになることができ、身体が火照ってきていつもより大胆になれるということもあります。

女性は性欲があまり強くないので、もともと興味が無かったり、楽しめないということが重なると、相手への愛が足りないのではと自分で自分を疑うことにもなりかねません。
実際には感じないというところまではいかない人がほとんどですが、それでも濡れにくい、性交痛があるという人は多く、オーガズムに達したことがないという女性もとても多いのです。

男性にとって性行為は愛情表現というだけでなく、自然の欲求として大いに湧き出てきます。
若い男性ならば毎日のように女性を求めるということもおかしくありません。
一方の女性は若い人でも性欲にばらつきがあり、あまり好きではないという人も多いので、パートナーの求めに応じるということが苦痛になると、毎日が憂鬱になってしまうことも考えられます。
そんな時に女性用バイアグラを飲むことでパートナーとの関係をより良いものに保つことができるのです。

また、閉経後の女性も膣が濡れにくくなるといわれています。
今までのようにセックスが気持ちよくなくなったと感じる中年以降の女性にもバイアグラは効果的です。
パートナーとの関係も長くなるとマンネリ化してくるものですが、これを乗り越えるためにも女性用バイアグラでちょっと刺激的な性生活を取り戻してみてはいかがでしょうか。

もちろん、女性ならどんな人でも気軽に飲めるものですが、中身がどんなものか分からないまま服用するのは不安ですし、むやみに服用したり間違った使い方をするのは危険です。
女性用バイアグラにもいくつか種類があり、副作用もないとは言い切れないので、それぞれの使用方法、配合成分や効果をしっかり理解してから服用するようにしてください。

女性用バイアグラの成分と効果とは

気になる女性用バイアグラの成分と効果についてチェックしていきましょう。
まず、主成分となるのは男性用バイアグラと同じシルデナフィルクエン酸塩です。
シルデナフィルクエン酸塩は身体の血流をアップさせ身体を火照ったような状態にしてくれます。
この作用で性器を中心に血流が増すので、性欲が強くなったりオーガズムに達しやすくなるという効果が期待できます。

他にも、ダイフルカンやファルカンが使われているものや、膣内の感染予防や治療に使われていたフルコナゾールが主成分となる女性用バイアグラもあるので、自分に合ったものを服用するようにしてください。
どんなものを飲んだらいいか分からないという人は一度医師に相談してみるのがおすすめです。

ただ、セックスの悩みは相談しにくいことなので、気軽に購入できる方法に頼りがちです。
手軽ではありますが、正規品ではなかったり質の悪い粗悪品が手元に届くこともあるので注意しましょう。
正規品であっても副作用などが出る場合もありますが、粗悪品であればなおさら強く症状が出る場合があります。

女性用バイアグラで報告されている主な副作用には腹痛や頭痛、下痢や火照りが続くなどがあります。
時間が経てば改善するものがほとんどですが、一定時間を超えても副作用が続く場合や強い症状がいきなり現れた場合は医師の診察を受けましょう。
また持病がある人や、他の疾患の治療をしている人も女性用バイアグラが飲めない場合がありますので、医師に確認をしてください。

女性用バイアグラの使い方は、セックスをする45分から1時間前くらいに決められた量を水で服用します。
効果が持続するのはおよそ4時間から6時間といわれています。
いずれも個人差があるので、一度試してみてタイミングを調整するようにしてください。
ただし、効果が無いからといって必要以上に飲んではいけません。

女性用バイアグラは女性の意志で服用を決めるものですので、パートナーが女性をだまして飲ませたり知らないうちに飲まされていたということは避けなければいけません。
どんな場合でも、正体の分からないものを口にしないように気を付けましょう。
セックスはお互いの同意のもとで成立する行為ですので、バイアグラも自分の意志でお互いのために服用してください。

女性用バイアグラでオーガズムを迎えるコツとは

女性用バイアグラは女性、男性、どちらが用意しても構いませんが、必ずどんなものか理解していう上で飲むようにしましょう。
そのことが気持ちを盛り上げる要素となることもありますので、服用後はパートナーとゆっくりリラックスしながら効果が表れるのを待つのもポイントです。

女性がオーガズムを迎えることは簡単ではありません。
女性用バイアグラを使ったとしても必ずオーガズムに達するとは言い切れませんが、コツを押さえればイキ易くなることは確実です。
そのために必要なのは、相手を信用して任せることと、リラックスすること、自分で気持ちいいポイントを探すことの3つになります。

女性用バイアグラの効果で女性器は敏感になり、膣も十分潤っていますので、適切な刺激とタイミングが合えばオーガズムに到達する準備としては十分です。
足りないものがあるとすればそれはメンタルな部分に終始します。
相手に愛情を持っていることはもちろん、相手を信用して身体を任せるということに注意してみましょう。

次にリラックスです。
どうしてもオーガズムに達したいと思うあまり、行為中に考えすぎたり力んでしまうことがあります。
そうすると頭ばかり働いて快感を感じることができにくくなります。
できるだけ他のことは考えないように、時には自分の気持ちいいことだけを追求するようにしてみましょう。

どうしても恥ずかしさが先に立ち、女性側からどうして欲しいと言えない場合もあります。
せっかく女性用バイアグラを飲んでいるのですから、そうした羞恥心はいったん忘れて思い切りセックスを楽しむように気持ちを切り替えましょう。
男性もかわいい彼女から甘えたリクエストを受ければきっと頑張ってくれるはずです。

男性が外的刺激からだけで迎えるのと違い、女性のオーガズムは気持ちの面が大きく作用します。
心から相手を受け入れて、本能のままに動くということも時には必要です。
人によっては刺激されると気持ちいいポイントがありますので、パートナーと一緒に探してみるというのもおすすめです。

女性の身体は誰も同じという訳ではなく、膣の中でも気持ちいいポイントは違います。
男性との相性もありますので、相手が変われば新たな発見があるということもあります。
まだまだ開発されていないという人は女性用バイアグラで新境地を開拓してみてはいかがでしょうか。