• ホーム
  • フリバンセリンの効果と副作用

フリバンセリンの効果と副作用

多様なカプセル

フリバンセリンは女性の性欲を刺激する商品です。
もともと抗うつ剤としてドイツの会社が開発したものですが、研究によって女性の性的欲求低下障害の治療に有効ということが分かりました。
膣を濡らす効果がある商品などは既に存在していますし、女性の性欲そのものを刺激するという商品はフリバンセリンが初めてです。

年齢に関係なく女性側の原因でセックスレスに悩んでいる人から注目を集めています。
しかし、フリバンセリンは日本国内では処方されていないため、手に入れたい場合は個人輸入代行サイトを利用する必要があります。
この商品を利用することで恋人やパートナーとの関係を改善することができるでしょう。

フリバンセリンはドーパミンの分泌と伝達を向上させるという効果があります。
また、ドーパミンの働きを阻害するセロトニンの分泌を抑制するという作用もあるため、性的な興奮を高めることに繋がります。
この商品を利用すればもともと性欲が少ない女性や年齢のせいで性欲が低下した女性でも性交渉をしたいという気分にさせることができます。
フリバンセリンの臨床試験に参加した女性の中には、短期間でかなりの変化を実感したという人もいます。
性的興奮が高まると膣の分泌液も多く出るようになるため、膣内が乾燥しているという人にもおすすめです。

女性器の潤いを保つ商品を使っても効果が得られなかった場合、フリバンセリンを使ってみると良いでしょう。
フリバンセリンは体に作用するものではなく、直接脳に作用するという特徴があるため、どんな人でもきちんとした効果が期待できます。
しかし、高い効果があるものなので使い方を間違えると副作用のリスクもあります。

フリバンセリンは1日1回100mgを水と一緒に服用しましょう。
継続して服用することできちんと効果が実感できるようになります。
服用するタイミングなどは自由ですが、副作用として眠気が出てしまうこともあるため、就寝前の服用がおすすめです。

フリバンセリンの副作用としては眠気や眩暈、倦怠感、低血圧などといった症状が挙げられます。
重篤な副作用のリスクなどはありませんが、症状がひどくなった場合はすぐにドクターに相談しましょう。

フリバンセリンは何歳から飲んでいいの?

フリバンセリンは元々鬱病を治療するために開発されていた上に、副作用が生じるリスクがあるので本当に服用して良いのか不安に思う人もいます。
そこで気になるのが服用可能な年齢ですが、未成年者でまだ身体が出来上がっていない女性はリスクがあるので避けるべきです。
元々性欲低下を改善するという性質である以上、20歳を超えてから自己責任で飲む必要があります。

そんなフリバンセリンですが年齢以外でも、服用出来ない人もいるので注意が必要です。
フリバンセリンは、閉経前や更年期障害が起きる前の女性の性欲を改善するのを目的としています。
そのため閉経後の女性は副作用が生じる可能性が高いので、服用すべきではありません。

更に妊娠中や授乳中の女性がフリバンセリンを服用すると、身体に余計な負担が掛かってしまい副作用が生じ易くなる恐れがあります。
なので妊娠中や授乳中の人も、服用すべきではないです。
同様に肝臓や腎臓に疾患を抱える人が服用すると、代謝が上手く行かずに副作用が重症化する恐れがあります。
肝臓や腎臓に疾患を持つ人は、絶対にフリバンセリンを飲むべきではないです。

フリバンセリンは基本的に継続して飲み続ける事で、より高い効果を得る事が出来るので欠かさず服用を続けたいと望む人が多いです。
ですが身体にある程度負担が掛かるので、体調が優れない時に無理して飲むと副作用が生じ易くなったり重い副作用が生じる可能性が高くなります。
体調不良が生じている時には、服用を止めるべきです。

他にもフリバンセリンは、飲むタイミングにも用心しなければなりません。
普段は副作用が生じない人でも、その日の気分や体調によりいきなり生じる恐れは有り得るので注意が必要です。
だからこそ万が一副作用が生じてしまった場合に備え、仕事がある日中や車を運転する前等に服用するのは避ける事をおすすめします。